徳島・桃源郷祖谷の山里。山奥の秘境にあるモダンな古民家風の宿

徳島・桃源郷祖谷の山里から見える景色

新婚旅行2日目は、徳島県にある祖谷の山里桃源郷に宿泊しました。
ハイクオリティの宿、徳島・桃源郷祖谷の山里について、今回はレポートします〜!

徳島・祖谷の山里桃源郷を知ったきっかけ

2年前、香川県宇多津町に足を運んだ時のことを綴ったブログを書いたことがあります。

https://arrown-blog.com/kagawa-days-2-part2/

その際に1日だけ宿泊させていただいたのが「宇多津・古街の家」。
実際に宿泊してみるとあまりに衝撃のクオリティだったため、後々から宇多津・古街の家について色々と調べてみました。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%BC

いろいろ調べてみると、宇多津・古街の家はアレックス・カーさんという方がプロデュースしたこと、そして香川の宇多津だけでなく、他の地域にもアレックス・カーさんのプロデュースした古民家がいくつかあることを知り、

「他の場所にも泊まってみたいな〜」

と思っていたのですが、そこで知ったのが徳島・桃源郷祖谷の山里です。

http://www.tougenkyo-iya.jp/stay/index.html

新婚旅行みたいなタイミングでもないとなかなかこんな場所に宿泊することもできないだろうと思い、今回の宿泊地の1つとして、徳島・桃源郷祖谷の山里を選びました。

徳島・桃源郷祖谷の山里の場所と移動手段について

前日香川県で宿泊した僕らは、徳島・桃源郷祖谷の山里へ向けて出発開始。
この道中、結構過酷でした・・・!

徳島・桃源郷祖谷の山里への移動手段

徳島・桃源郷祖谷の山里は、四国山地のど真ん中、かなりの山奥にあります。
Google Mapsなどで見てみると、どれだけ山奥にあるのかが想像に難くありません。。。

一番近そうなJRの駅が、大歩危(おおぼけ)駅というところ。
それでもかなりの距離があります。

普通ならレンタカーでも借りて移動する、というのが常識的な方法だと思うのですが、実は僕ら夫妻は2人とも免許を持っていないため、レンタカーで移動という選択肢はありません。

徳島・祖谷の山里桃源郷には行きたいけれども、車の免許がない無理なのか・・・と事前プランニングの時にも諦めかけていたのですが、探してみると、徳島・祖谷の山里桃源郷近辺の山奥にまでつながっている路線バスを発見したのです!

ということで、移動手段としては、一応車 or 路線バスが存在します。
あえていうならタクシーも使えますが、タクシーについてはまた後述します。

徳島・祖谷の山里桃源郷へ路線バスで移動するためのポイント

なかなかいらっしゃらないとは思いますが、徳島・祖谷の山里桃源郷へ路線バスで移動したいと考えている方へ、実際の体験を交えて、移動のポイントをお伝えします!

路線バスの通る場所

今回利用した路線バスですが、JRの駅でいうと阿波池田駅というところから出ています。

http://yonkoh.co.jp/pdf/timetable/009.pdf

利用する方がいるかどうかはわかりませんが、四国交通さんのWebサイトに時刻表などが掲載されています。
阿波池田駅から約2時間弱・・・実際に乗ってみると、実に過酷で長丁場な路線バスの旅でした。

まるで、ローカル路線バスの旅を思いおこさせるよう・・・
帰り道の時に気づいたのですが、今回乗車した電車はJR大歩危駅からも出ているので、利用される場合は大歩危駅から乗車した方が絶対良いと思いました。

桃源郷祖谷の山里付近のバス停に到着後の注意点

桃源郷祖谷の山里付近の最寄りのバス停は、落合橋というバス停になります。
Google Mapsで確認してみると、はっきりとは明記されていないのですが、Google Maps上で桃源郷祖谷の山里を確認してみると、確かに周辺は落合という地名がついている場所がたくさんあります。

しかし! Google Mapsで出てくる「桃源郷祖谷の山里」は、桃源郷祖谷の山里の事務所なんです。
実際に宿泊できる場所は、事務所からさらに山奥へ進む形になります・・・

Webサイトを見てもよくわからなかったのですが、到着してからさらに山奥までいかないと宿泊場所がないことを知った時は、かなりの衝撃でした・・・

行きは事務所の方が車で送ってくれたので良かったのですが、帰りはタクシーを手配して、JR大歩危駅まで移動することに・・・
帰りの路線バスもあるにはあったのですが、宿泊場所からバス停までは歩いて40分ほどかかること・そしてバスの時間はかなり朝早い便を逃すと、お昼まで来ないことから、悩んだ末に帰りは宿泊場所からJR大歩危駅までタクシーで移動しました。

ちなみに、料金は7,000円ほどです。

桃源郷祖谷の山里へ到着! 大自然に囲まれた宿からは山の絶景が!

ということで、徳島・祖谷の山里桃源郷方面へ向けての路線バスに乗車するため、JR阿波池田駅に移動し、バスに揺られて1時間45分、さらに到着した桃源郷祖谷の山里の事務所から車で15分ほどかけて移動し、桃源郷祖谷の山里の宿に到着しました!

僕らが今回宿泊したのは、桃源郷祖谷の山里の中にある色々な宿泊場所の中でも「天一方」という場所。
到着してみると、実におしゃれな宿と、山奥の絶景が広がっていました!

徳島・桃源郷祖谷の山里の天一方の入り口 徳島・桃源郷祖谷の山里の天一方の外観 徳島・桃源郷祖谷の山里から見える景色

建物の中も実におしゃれ。

徳島・桃源郷祖谷の山里の天一方の内装 徳島・桃源郷祖谷の山里の天一方の内装 徳島・桃源郷祖谷の山里の天一方の建物の中から見た天井

お金持ちの方が別荘に持っていそうな・・・そんな雰囲気すら漂う、実に洗練された場所でした。

徳島・桃源郷祖谷の山里の天一方の内装 徳島・桃源郷祖谷の山里の天一方の内装

外国人の方からみた 「和風」ってこんな感じなのでしょうか。
アレックスカーさんのイメージされる「和風」がそこにはありました。

ちなみに、宿周辺の飲食場所は皆無に等しいです。
したがって、宿では自炊が現実的な選択肢になります。

事前に食材を買い込んで宿に向かった僕らは、宿での食事は自炊を実施しました。

徳島・桃源郷祖谷の山里の天一方のキッチン 徳島・桃源郷祖谷の山里の天一方の中のキッチン トマトそうめん

ここだけなんだか現実的・家庭的な時間を過ごしました(笑)

徳島・桃源郷祖谷の山里に宿泊した感想

徳島・桃源郷祖谷の山里に実際宿泊してみて思ったことはたくさんあります。
まずは、本当にかなりの山奥なので、何もない・静かというのが強く言えるということ。

のんびりと、都会での喧騒や時間を忘れて過ごすにはぴったりだと言える場所です。

ただ、僕らのようなお金のない一般市民というよりは、お金持ちの方をターゲットにしているような場所なのかなぁと思えるところは、節々にありました。
実際、宿泊料も安くはありません。

徳島・桃源郷祖谷の山里から見える景色

また、何度も書いていますが、相当な山奥にある場所です。
バスでの移動、やってみて思ったのですが、絶対におすすめしません。笑

車を持っていないのであれば、JR大歩危駅からタクシーで移動することを前提に移動した方がいいのは間違いありません。
もし、徳島・桃源郷祖谷の山里に宿泊してみたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

余談ですが、帰り道・タクシーでたどり着いたJR大歩危駅は、かなりのどかな駅でしたが、景色が綺麗な場所でした。

JR大歩危駅の風景

こんなに自然豊かな場所なのに、そこそこ特急が停車するという駅なので、徳島・桃源郷祖谷の山里にいかれる方は、何度も言いますが(笑)JR大歩危駅から移動するようにしましょう!

そんなこんなで、新婚旅行2日目が終了したのでした!