香川「シェアビレッジ仁尾」・ゲストハウス?いや、そこにあるのは新たなる村だった!

シェアビレッジ仁尾の内装

前回のブログで、新婚旅行前日に岡山県倉敷でゲストハウスのスタッフになる旅を体験してきた話を書きましたが、いよいよ新婚旅行がスタート!

岡山も含めて、瀬戸内海を西に進み、最後には沖縄にワープするこの旅の前半でもある瀬戸内編、1日目は香川県に向かいました。

今回は地域と人に会いに行くというのがテーマとしてあった新婚旅行なんですが、今回のテーマにおいて特に重要なのが宿泊場所。

なので、今回の宿泊場所は、色々なバリエーションの宿泊場所をチョイスしたのですが、香川で宿泊した「シェアビレッジ仁尾」さんは、想像を超えるスケールと可能性を感じさせる場所、そしてまさに「地域と人に会いに行く」というテーマにぴったりな、素敵な場所でした!

ぜひ色々な方に知ってもらえたらなと思い、行ってみたいと感じてもらえたらと思っています!

シェアビレッジって??

まずはシェアビレッジについて紹介しなくてはなりません!

http://sharevillage.jp/

シェアビレッジは、一言でいうと、新しい概念の村です。
普通に宿泊もできたりするのですが、年会費(年貢)3,000円を支払うと村民になれて、村の行うイベントや寄り合いなどにも参加できる・・・いろいろ総合すると、村民として村づくりに参加することができる、そんな画期的なプロジェクトなんです!

現在は、秋田県の五城目と香川県の三豊(仁尾)の2箇所に村があるのですが、今回僕らは香川県の三豊市にあるシェアビレッジ仁尾さんに伺いました!

新婚旅行の1日目でお伺いしますとお伝えしたら、大変驚かれました。笑

ちなみにシェアビレッジ仁尾は、別名松賀屋とも呼ばれているそうです。
香川県は三豊市の中でも海の方、西側に位置し、最寄駅であるJR詫間駅は距離があります。

写真や動画でもなかなか伝わらない、震えるほど無限の可能性を感じるシェアビレッジ仁尾!

僕らがシェアビレッジ仁尾についたのは、夜暗くなってから。
どんな場所なんだろう・・・全く想像できない状況にワクワクしながら移動させていただきました。

到着してみて、びっくり・・・!
ただの古民家ではない、まるで武家屋敷のような世界観・・・というか武家屋敷がそこにはあったのです!

シェアビレッジ仁尾の内装 シェアビレッジ仁尾の内装 シェアビレッジ仁尾の内装 シェアビレッジ仁尾の内装 シェアビレッジ仁尾の内装

おしゃれとか、そういう次元を超えた感じ。
建物自体はかなり年季が入り、老朽化している部分も多々あるというお話だったのですが、それすらいい味と思えるような場所でした。

夜は割とまっくらな地域だったので、建物全体の規模感がわかりずらい部分があったのですが、一晩開けて、驚きはさらに増すことに・・・!

シェアビレッジ仁尾の内装 シェアビレッジ仁尾の内装 シェアビレッジ仁尾の内装 シェアビレッジ仁尾の内装 シェアビレッジ仁尾の内装

朝見ても、実に風情ある情景がそこには広がっていました。

朝には、家守のはなさんに、建物にまつわるお話を伺いながら、建物の中を案内していただきました。
夜は、自分が寝泊まりした部屋くらいしか足を踏み入れていなかったのですが、建物全体を案内していただくと、まあ建物の広いこと広いこと・・・

シェアビレッジ仁尾の2階から全体を見渡した風景

上記の写真、シェアビレッジ仁尾の2階から全体を見渡した風景の一部なんですが、見えている建物、全部シェアビレッジ仁尾の建物なんです!

シェアビレッジ仁尾の建物内 シェアビレッジ仁尾の建物内 シェアビレッジ仁尾の建物内 シェアビレッジ仁尾の建物内

これ以外にもいくつか建物があったり、庭や空き地もあったりして、本当に「可能性を感じる村」がそこには広がっていました。

まだまだ使い切れていない部分がたくさんあるというお話を伺ったシェアビレッジ仁尾、確かに実際に足を踏み入れてみると「ここにカフェや飲食ができる場所があったら面白いかな」「ここでこんなワークショップをしたら面白そうだな」など、建物の中をみれば見るほど、想像力を掻き立てられる場所なんです・・・!

写真や動画で見る以上に、無限の可能性を感じさせる建物になっていました。

建物のスケールだけじゃない! シェアビレッジ仁尾さんに宿泊してよかったと思えるホスピタリティーの素晴らしさ

https://www.hokori.or.jp/#!what/cjg9

Webサイトでも確認できますが、シェアビレッジ仁尾は社団法人誇さんが運営しています。
今回の滞在では、社団法人誇さんのメンバーに大変お世話になりました。

瀬戸内0円キッチンの下準備に参加させていただいたことへの感謝

仁尾に到着した時には、誇さんのメンバーが行っている「瀬戸内0円キッチン」というイベントのプレイベント(?)、下準備(?)の場に参加させていただきました!

https://peraichi.com/landing_pages/view/s-0yenkitchen

瀬戸内0円キッチンは、かいつまんで言うと、普段廃材として捨てられてしまうような賞味期限切れの食材を、どうにかして復活させて美味しく食べてみようという取り組み。

僕らがシェアビレッジ仁尾を利用させていただいた日は、ちょうど瀬戸内0円キッチンのイベントの下準備イベントを行う日だったので、僕らも下準備に参加させていただくことになりました!

瀬戸内0円キッチンで使われた廃材 瀬戸内0円キッチンで使われた廃材

スーパーで売られていたものの、残念ながら廃材と化してしまったような食材たちが・・・

瀬戸内0円キッチンで提供された料理

こんな素敵な料理に生まれ変わったのです!

で、何が楽しかったかって、瀬戸内0円キッチンの下準備作業のお手伝いを通じて、地元の方々や、シェアビレッジ仁尾の方々と交流できたこと。

新婚旅行でシェアビレッジ仁尾さんを利用するとなった時に、驚かれたというのは先ほども書きましたが、そんな変わり者の僕らですし、今回の新婚旅行のテーマが「地域と人に会いに行く」だったので、新婚旅行で行く先々で出会う人々とがっつり交流できる日々を過ごせたらなぁ・・・なんて思っていたのです。

だから、新婚旅行っぽくはないですが、今回のように瀬戸内0円キッチンの下準備にご招待いただき、まさに僕らが求めている時間を過ごすことができたので、僕らの願望を読み取ってくれたシェアビレッジ仁尾さん、さすがだなといったところでした。本当に感謝しています。

深夜までがっつり・・・! シェアビレッジ仁尾の家守さんと深く楽しくお話

それから、シェアビレッジ仁尾に到着してからも、大変楽しい時間を過ごすことができました。

先ほど、朝建物についてたくさんのお話を聞かせていただきながら建物案内をさせていただいたという話を書きましたが、家守のはなさんは、夜も僕ら夫婦と一緒に時間を共にしてくれて、シェアビレッジ仁尾がこれからしていきたいこと、はなさんご自身のお話、これからの夢の話など、たくさん楽しい話を聞かせていただきました。

シェアビレッジ仁尾で深夜まで飲み明かした図

僕ら自身の話ももちろんさせていただいたのですが、家守(宿の主)の方とこんなに深く楽しい話ができるのもなかなかない機会。

いつもゲストハウスに宿泊する時は、こんな過ごし方ができたらいいなぁと思っていたのですが、まさに理想通りの時間の過ごし方ができたので、僕らとしては大満足な新婚旅行1日目を過ごすことができました。

あなたもぜひ村民になろう! シェアビレッジ仁尾の情報

ということで、もうなんて表現したらいいかわからないくらいですが、本当にシェアビレッジ仁尾さんに行ってよかったなぁと思えました。
こんなに素敵な時間を過ごさせていただいて宿泊料が4,000円だなんて、驚き以外の何者でもありません!

もっと伝えたいことがたくさんあったのですが・・・それはリライトの時にでも。笑

早速僕もシェアビレッジの村民になったので、またぜひ利用させていただきたいと思っています!
ということで最後にシェアビレッジ仁尾さんの情報についてご紹介させていただきます!

それから、秋田のシェアビレッジにも行ってみたいなぁ!

  • 住所:香川県三豊市仁尾町仁尾乙165-1
  • アクセス:JR詫間駅より車で15分くらい、JR詫間駅よりコミュニティバスもあります
  • お休み:火曜日