鹿児島と移住とクリエイターがテーマ!クリエイティブかごしまプロジェクト主催イベントに行ってみた

嫁さんと、渋谷のコワーキングスペース「Co-ba」さんで行われた、鹿児島とクリエイターと移住をテーマにしたイベントに参加してきました!

http://kagoshima-creative.com/

鹿児島にどうしても移住したい! という意思があるわけでは正直ないのですが、夫婦共々、最近地方ネタにとっても興味があり、新しいつながりが生まれる可能性も楽しみにしつつ、イベントに参加して情報収集・話を聞いてみよう! という運びになったのです。

http://tsukuruba.com/co-ba/

今回のイベントは会場はco-baさん。
co-baといえば、全国に広がるコワーキングスペース。
僕でも知っているくらいの有名どころが会場だったこともあり、co-baさんを初めてのぞけることも僕の中では楽しみでした。

地方のクリエイター移住誘致は一種の流行?

kagoshima-creator-moving4

今回のイベント、クリエイターの呼び込みもとは鹿児島市でした。
イベントの冒頭、鹿児島市のご担当者様がお話。

鹿児島市がこういった移住施策を開始したのは、今年に入ってからのことなんだそうです。

鹿児島市はどの産業も資源が豊富だが、何事にも適切な付加価値をつけられていないことが課題としてあり、デザインの重要性の啓発と、商品開発人材の育成にまで繋げることを目標として、移住施策を行っているとのことでした。

鹿児島市に限らず、全国各地で移住促進施策が様々な場所で行われていますよね。
もはやクリエイターの地方移住促進事業は流行りといっても過言ではありません。

http://www.in-kamiyama.jp/

http://sabae-iju.jp/

有名どころでいうと、福岡の糸島・徳島の神山・福井の鯖江・・・
そういった場所との違いを出していくという観点も含めて、だいぶ模索しながら事業をしているという印象でした。

受注のスタンスだけでは地方へのクリエイター移住はうまくいかない?

とはいえ、実際にクリエイターが地方移住する上で気になるのが、移住して仕事があるのかどうか。
今回登壇されていた、ツクルバ(co-baを運営している会社)の代表中村様は、そのあたりのお話に言及されていました。

東京の仕事をしながら地方に住むのは、単価の高い仕事を生活コストの低い地方で出来るということから、良い側面もあります。
しかしながら、結局それで地元の仕事もできるようになっていくかというとそれはまた微妙で、

結局どこへ行っても自分で仕事を取りに行ったり作り出したりすることのできる人材が有用となるし、地方移住をしても真に力を発揮していけるから、そういった意識を強くもつべきだというお話をされており、当たり前のことだけれども、その通りで、なかなかそれを実行できている方はまだ多くないんだろうなぁ、と強く思いました。

移住はグラデーションの側面もあり? 気になる方は、ぜひかごしまクリエイティブプロジェクトのサイトへ!

https://arrown-blog.com/talksesson-in-ehime/

かの有名なイケダハヤトさんともパネルディスカッションをさせていただいた昨年の愛媛でのイベントでも、移住のグラデーションという言葉が話題にでました。

どうしても移住という言葉だけだと、いきなりど田舎にいくだとか、今あるものをいきなり捨てて地方へいくとか、そういうイメージも少なからずありますよね。

でも移住もいろいろ。
今日のお話を聞いていろいろと思いましたが、移住するにもかなり準備期間を設けたり、下調べをしたりするような方が最近は多く、それが地方移住をうまくおこなうきっかけにもなりそうなところ。

http://www.ikedahayato.com/20160601/60489216.html

確かに、イケダハヤトさんも、最初に移住したのは高知市でしたしね。

愛媛の松山や鹿児島市のような地方中核都市で、地方慣らしをする地方移住のやり方も、大いに有益だなぁと思った今日のイベントでした!

ぜひ、鹿児島や、移住そのものが気になる方は、かごしまクリエイティブライフのWEBをのぞいてみてください!

http://kagoshima-creative.com/

余談・地方移住促進事業と食とはきっても切り離せない!

https://arrown-blog.com/nomura-soysource/

最近、お世話になっている福井県大野市に関する情報を散々書いていますが、やっぱり地方移住と食とはきってもきれない関係であり、胃袋をどれだけつかめるかも大事だ、という話が今日のイベントでも出ていました。

そして今日のイベント後の交流会で出た鹿児島グルメがこちら・・・

kagoshima-creator-moving1 kagoshima-creator-moving2

kagoshima-creator-moving5
いやーめちゃくちゃ豪華すぎる!
確かにこれは胃袋つかまれる・・・

特にダチョウ肉のおいしさに感銘を受けて、たいそうお腹を満腹にして帰ったのでした。

鹿児島へ武者修行! お試し移住体験シリーズ

鹿児島クリエイターズオーディションへ出場することも兼ねて、お試し移住を体験しました!
きっかけとなったイベントへの参加記から、実際にクリエイターズオーディションに参加した時のことまで、様々なことを綴っています!