信用管理サービスを行うアラームボックス株式会社のアドバイザーをやります!

アラームボックス ご挨拶・お知らせ

4月になり、春は新しいことを始める季節ですよね。

ということで、この度、株式会社Alarmboxのアドバイザーをやることになりましたので、会社の紹介も含めてブログにまとめてみました!

株式会社Alarmboxって?

アラームボックスは、スマートフォンやPCから取引先を登録しておくだけで、取引先の状況に変化があった時に知らせてくれるサービスです。
(株式会社アラームボックスのHPより引用)

株式会社Alarmboxとは、与信管理サービスと言いましょうか、取引先の登録をしておくだけで、その会社の信用情報に変化があった時に、お知らせをしてくれるサービスです。

信用管理サービスを提供するアラームボックスがみずほキャピタルやKLab、デジハリなどから資金調達 | TechCrunch Japan
取引先の信用リスク管理は、特に財務体力のない中小企業にとっては、経営存続に関わる大きな課題だ。でも小規模な企業ほど、与信専任の担当者などいないし、信用管理に関する知識も乏しい、というのが実情だろう。アラームボックスは、そうした企業向けに、独自の信用リスク判断のアルゴリズムを利用した取引先のリスク管理サービスを提供す..

Tech Cranchさんなどにも資金調達のニュースで取り上げられている株式会社Alarmbox、取引先の信用管理をやってくれるという、一見お堅い内容に見えるけれども、これからの時代にとても重要な与信管理の代行をしてくれる、とても便利で重箱の隅をつついたサービスになっています。

サービス紹介動画もYoutube上にあがっているので、こちらをご覧いただくのが一番わかりやすいかもしれません。

Alarmboxを具体的な事例に落とし込んで見る

てるみくらぶグループ|破産者 株式会社てるみくらぶ|破産者 株式会社自由自在

先日ニュースにもなった、旅行代理店「てるみくらぶ」の倒産の件。
てるみくらぶが自社の取引先だったとして、今回のように倒産に陥ってしまうと、取引相手の会社は大変困ってしまいます。

事前に会社倒産のリスクを察知できたり、予期できたりしないものか・・・そんな悩みを解決してくれるのがアラームボックス!
登録するだけで、信用情報に変化があった時にお知らせをしてくれるサービスなので、リスクを事前に察知することができるのです!

アドバイザーって何をやるの??

そして僕はこの度株式会社Alarmboxのアドバイザーをやることになりました!
実は株式会社Alarmboxの社長である武田さんは、僕もお世話になっているデジタルハリウッドやジーズアカデミーでもご縁がありまして、その時のご縁が元になって、今回アドバイザーをさせていただけることになりました。

武田さんは社長として働いているわけなので、制作に没頭するわけにもいかないのですが、スタートアップ企業たるもの、WEB戦略なども欠かせないわけです。
そこで、僕のことを思い出してくれたらしく、第三者目線で話しができる人がほしいということで光栄にもお声がけいただいた運びとなりました!

ちなみに、採用のお手伝いも微力ながらさせていただきます!
デザイナーさんなども募集されているそう(今後も含めて)なので、スタートアップに興味のあるデザイナーさんで、一度お話を聞いてみたいという方、おつなげしますので、ぜひお声がけくださいませ!

まとめ

ということで、短くではありますが、株式会社Alarmboxのアドバイザー&採用手伝いをやることになったというお話でした!
いつまでの就任になるかはわかりませんが、期間中は一生懸命株式会社Alarmboxに貢献できたらと思っています!

アラームボックス
今までに無い信用リスク判断のアルゴリズムを用いて、企業にとって不可欠なリスク管理にフォーカスしたサービスを開発し、取引に関わる人々がリスクや不安から解放され、前向きに楽しく事業に取り組めるような環境をつくっていきます。

採用も強化中のようなので、スタートアップで働くことに興味のある方は、ぜひご連絡ください!