WordPressプラグイン「Contact Form7」で差出人名の一部が文字化けした時の対処法

wordpress 著者の活動紹介

WordPressの代表的なプラグインであるContact Form7、便利ですよね。

WordPressのContact Form7関連ファイルをお問い合わせページ以外に読み込ませない方法
ブログArrownは、WordPressを使って運営しています。 先日久しぶりに、プラグインを整理するなどして、WordPressの高速化を図る機会がありました。 このブログArrownにも、お問い合わせページが存在するので...

僕もContact Form7に関するブログを書いたことがありますが、手軽なのに色々な設定もできて、WordPressでWebサイトを制作・あるいは運営されている方であれば、利用したことのある方も多いのではないでしょうか。

さて、そんなWordPressの代表的なプラグインContact From7を使った際に、差出人名の一部が文字化けしてしまったことはありませんか??
このブログArrownではなかったのですが、過去にWordPressを使って制作したWebサイトで、いくつか該当する事例が起きたことがあります。

差出人名の一部が文字化けした場合の対処方法について、備忘録として記載しておきます。

WordPressプラグイン「Contact Form7」で差出人名の一部が文字化けする事例について

まずは、実際にどんな感じでWordPressプラグインContact Form7で差出人名の一部が文字化けするのか、確認しておきたいと思います。
実際に僕がぶち当たった時の例を、写真で掲載してみます。

WordPressプラグイン「Contact Form7」で差出人名の一部が文字化けした事例

このように、差出人の部分の後ろに、謎の文字化けが入っています。
お分かりいただけましたでしょうか。

当然、こんな文字は入れていないですし、半角スペースや全角スペースが入っているわけでもない。。。
原因がよくわからないままでした。

WordPressプラグイン「Contact Form7」で差出人名の一部が文字化けした時の具体的対処法

今回の事象、実は意外な方法で修正をすることができます。

Wordpress・ContactForm7の管理画面の一部

上記の画像は、Contact Form7の管理画面の設定の一部である「メール」の部分なのですが、赤枠で囲んだところをダブルクオーテーションで囲みます。

なんと! これだけで文字化けが直るのです!

なぜダブルクオーテーションで囲むことによって文字化けが直るのが、まだはっきりとした理由がつかめていないのですが、この事象・結構前からあるようです。。。。

まとめ

ということで、今回はWordPressプラグインContact Form7で差出人名の一部が文字化けした時の対処法についてご紹介させていただきました!

細かい部分のお話ではありますが、変な内容は確実に対処していきたいところです!