2016年上半期の振り返り – 狭く深くに向けて –

コスゲリアン

7月になりました。今年もあっという間に半年が過ぎました。

今年の頭、「2016年は(着)がテーマだ」なんてことを言っていたのですが、ここで上半期の振り返りを自分でしてみようと思います。

振り返りの大切さを痛感する日々でございます。

2016年上半期に行った場所などなど

2016年上半期も、そこそこ色々な場所に足を運ばせていただきました。関東を飛び出してですと、「札幌・京都・滋賀・長野」になります。

京都にて

京都先斗町の風景

京都のことについては今月追ってブログを書こうと思っているのですが、学校の研修の講師として出向かせていただきました。

先斗町(ぽんとちょう)の華やかさに心を奪われ、研修の組み立てを今まで以上に意識したこともあって、それなりに自分の中では手応えがあったこと、もちろん新しい人の繋がりが生まれたこと、様々なことがあります。

学校運営は常に生き物であり、変化のたえない世界、ましてや常に色々な生徒様が出たり入ったりを繰り返すのが基本の場所です。なので、仕事の内容を覚えて頂くのはもちろんですが、「この仕事は想像以上に深く、色々なことを考えながらやらなければならないんだよ」ということを、研修を受けて頂く方にはいつも意識してもらうよう、自分なりに内容を組み立てています。

札幌にて

札幌ゲストハウスwaya

札幌は人の繋がりのご縁で、そしてバニラエアのチケットが安く取れたからということもあり(笑)、寒い冬の時期にいってまいりました。

ゲストハウス初心者にも優しい!札幌ゲストハウスwayaに行ってみたでも書かせていただきましたが、初めてゲストハウスという場所に泊まり、とても新鮮な体験をさせていただきました。

京都でもゲストハウスに宿泊し、今後どこかに行った際は、しばらくゲストハウス巡りでもしてみようと思っている次第です。

冬の札幌は、雪の中の移動に本当に苦労しました。普段、東京圏に住んでいて、どうしてもその生活圏の基準で色々な物事を見てしまうのですが、実際に足を運んで、色々な生活圏の方の気持ちや普段の様式を知ることも、何かサービスなどを今後作っていく上で大切な視点だと思わされた体験でした。

長野にて

飯山駅

北陸新幹線に揺られて、長野県は飯山市に行ってまいりました。とある件の取材で行ってまいりましたが、ちょうど仕事の激繁忙期と重なり現地で体調を崩す始末・・・自己管理の至らなさを痛感致しました。

飯山市の中でも比較的に奥の戸狩地域に行ったのですが、いわゆる「田舎暮らし」の理想郷。のほほんと流れる時間は非常に心地よくありましたが、同時に地方が抱える課題みたいなものを、まだまだ感覚的なレベルではありますが、肌で感じてきた体験となりました。都市とは違った「日々の追われ方」をしているといいますか・・・

東京などの都市の知恵×地方の持つ人や資源などのリソース、熊本の黒川温泉などではKUROKAWA WONDER LANDという作品などでその掛け合わせを体現されているのですが、これを全国各地で行うことの大変さ(初めはこんなことを長野でもやるぞ!なんて思っていましたが、自分の力量のなさを痛感した・・・)も感じ、必ずや別の機会でリベンジしようなんて思った次第です。

2016年上半期の仕事

コスゲリアン

結局のところ「着」には程遠い結果となってしまいました・・・。失敗も正直たくさんしましたし、腰を据えて仕事をやることができなかった・・・というのが一番の悔いでもあります。

職業柄というのもありますが、生活を整えることがどうしても頭をよぎってしまい、し過ぎなくらいの無理をして、自分を磨くことが完全におろそかになってしまった気がしています。まさに、「狭く深く」が実行できませんでした。

このままではいけない!と思い、立ち止まる決心をしたわたくし、7月〜8月は開発やインプットへの時間をだいぶ確保したので、もうこれは譲れない!(笑)色々と自分を磨くためにたくさんの時間を使って、もうちょっと周りの人たちにも役立つ存在になれたらと思っています。

2016年下半期の豊富

下半期の目標

下半期は、実は結構11月まで大枠の予定が決まっていて、それに基づいて動くというだけの状態になっています。とにかく「アウトプットをきちんとする」ことに立ち返ります。

皆様にも、このブログで多くの作品を公開できるように頑張ってまいりますので、引き続き宜しくお願い致します。

ちなみに、このブログなんですが、実は1月に比べて6月は月間PV数が約4倍になりました!

近々、そのことも記事に落とし込む予定なので、ぜひお楽しみに!

完全に日記っぽい感じですが、それではまた!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする