結婚して変わるお正月の過ごし方・実家に帰省するだけでも様変わり

お正月

昨日も少し書きましたが、結婚して初めての正月を過ごしています。
今回は1/2に実家へ帰省したのですが、結婚前と結婚後で、だいぶ正月の過ごし方も様変わりしました。

今回は、ちょっと小話的に、結婚して変わるお正月の過ごし方について書いてみたいと思います!

結婚して変わるお正月の過ごし方

これはきっと我が家だけではないと思うのですが、結婚して初めてのお正月・やっぱり実家の嫁さんに対するもてなし方は凄まじいものがあります。
正直これまではたまに帰っても淡々としていたのですが、嫁さんがいると、なんだろう・・・嬉しいのかなんなのか、嫁さんを中心にして実家の空気が回っていく感じが、これまでとの変化を感じさせます。

もちろん嫁さんの気質のタイプによりけりなのでしょうけれども・・・
昨年までとは全く違うお正月の空気感に、正直戸惑いすら少し感じたのでした。

結婚後初めてのお正月は、慎重に動くこと

とにかくこれに尽きる!と言えるのが、結婚後初めてのお正月は、とにかく慎重に動くべきということです。
なんせ、夫婦生活だけでなく、実家も交えた今後の付き合いをうまくハンドリングできるかを左右するのが最初のお正月。

言い方がちょっといやらしいかもしれないですが、とにかく低姿勢で伺うべきだと思いました。
最近の人は知らないかも(僕もそんなに知らないかも)ですが、家柄によっては、ご近所様との組合なるものが存在しており、そこにご挨拶など周るという風習?もあるようで、今回僕も挨拶周りを実施しました。

誤解を恐れずに言えば、正直あまり日本の風習にそこまで興味がなかった僕にとって、初めての体験ばかり。
想像以上にメンタル的に気を使う部分が沢山あります。

でも、ここを押さえておくことで、今後何事も円滑に物事を進められるかどうかが変わってくるので、新婚の方はぜひ心してお正月を過ごすようにしてください!

とはいえ気負いすぎず・親族も大事に、夫婦も大事に

まあいろいろ言いましたが、親族も大事にしつつ、夫側にとっては初めての環境にぶち当たる嫁さんのことは相当に気をつかってあげるべきです。
帰ってから聞きましたが、やっぱり相当夫側の実家への帰省はメンタル的に気を使うことも多いみたいなので・・・

もし新婚夫婦でこの記事をご覧いただいている方がいらっしゃいましたら、ぜひ帰宅してから奥さんをいたわってあげてください。
さあ、三が日最終日はのんびり過ごしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする