LCC初心者におすすめ!LCC(格安航空会社)のチケットセール・就航地まとめ

昨年末の沖縄から、熊本、広島×2回、香川、愛媛と、ここ数年よりは明らかに関東外(しかも何故か全て西)に出ることが多くなっている今年なのですが、これまで移動には全てLCC(格安飛行機)を利用しています。だいたいセール時に飛行機のチケットを取ることが多いのですが、LCCで移動するようになって、移動に対する概念が自分の中で色々変わってきているなぁと感じています。

ということで、今回は、自分が乗ったことある会社・乗ったことがない会社も含めて、代表的なLCC航空会社と、各社が行うセールについてまとめてみました!

(※日本国内市場を中心とした会社に限ったので、今回エアアジアについては割愛させて頂きました…。また、2016年5月に内容を改めて見直しております。)

LCCその1・JET STAR (ジェットスター)

日本で恐らく一番有名(?)なLCC航空会社がJETSTAR(ジェットスター)社。元々はオーストラリアや東南アジアあたりを就航しているLCC航空会社ですが、2012年に「ジェットスタージャパン」として日本にも参入を果たしました。

JETSTAR(ジェットスター)の就航地について

路線図 | 就航都市情報 | Jetstar - ジェットスター

日本でのJETSTAR(ジェットスター)の就航地・路線図などは、上記リンクで確認できます。基本は成田空港や関西国際空港を中心としていますが、やはり就航路線が多いのは成田発のもので、特に九州四国方面への便が多いです。

特に九州は、「福岡・大分・熊本・鹿児島」と4県に渡って便が就航しています!

JETSTAR(ジェットスター)のチケットセールについて

セール・航空券・飛行機予約・LCC|ジェットスター

JETSTAR(ジェットスター)のチケットセールがある時は、だいたい上記ページに掲載されています。ここ最近、セールの回数は多い傾向にあります。最近は破格の激安セールとまでいくことはありませんが、1990円とか2990円あたりを最安値とするセールが多いようですね。時々、便が限定されてはいますが、990円〜の破格セールを実施されている時もあります。

セールによって、平日のみ安く、土日はそこまで安くなっていないセールがあったり、土日を対象とする場合でも平日とは金額差があるセールが多いので、セール実施時にも中身をよくよく確認する必要はあります。

前述もしましたが、就航地(特に成田発)が多いので、関東の方が西に行くには、JETSTAR(ジェットスター)は非常に便利ですね!僕も次は、大分あたりに行きたいなと考えています!

LCCその2・Peach

Peachは関西国際空港を主戦場とするLCC航空会社です。「LCCはPeachの一人勝ち」と言われたこともあるほど、ある程度業績は良好のようです。

Peachの就航地について

路線図 | Peach Aviation

Peachの関西国際空港発の便は、JETSTAR(ジェットスター)が抑えていないような宮崎や長崎、そして沖縄の石垣島にも就航していたりするので、JETSTAR(ジェットスター)も含めると、近畿圏の方にとっては選択肢が非常に増えることになります。

そして、関東の方にとってもJETSTAR(ジェットスター)にはないメリットがあります。それは「羽田⇔台湾」の便があること!羽田発のLCCは、基本的にこの便のみなのですが、成田までの距離の遠さでLCCを嫌煙する方にとっても、非常に魅力的なのではないでしょうか!

Peachのセールについて

https://www.flypeach.com/jp/ja-jp/form/peach_express.aspx?www_pc_ja-jp_main_banner_04

Peachの場合は、Webサイトにチケットセールのページが常設されているわけではありません。最近の傾向としては、「○○就航記念」のような、何かのイベントに絡めてチケットセールを行うというケースが多いようです。もちろんセールの内容にもよりますが、JETSTAR(ジェットスター)のセールとそんなに金額は変わらないか、便によっては多少安いという印象です。

LCCその3・バニラエア

バニラエアは、成田空港を主戦とするLCC航空会社です。関西国際空港への就航はありませんでしたが、2016年より、関西国際航空と台北間の便が就航となっています。

バニラエアの就航地について

【公式】バニラエア (Vanilla Air) - 国内 海外 レジャー・リゾート路線のLCC 格安航空券の検索・予約

バニラエアの就航地ですが、札幌(新千歳)、後は沖縄、奄美大島、台湾、香港と、東シナ海周辺の地域に多く就航しています。成田⇔札幌の便は通常の価格でも、平日であればかなり安いので、それだけで魅力的と言えます。

そして、2017年2月より、新たに成田空港から、関西国際空港と函館空港への就航が決まりました!

バニラエアのセールについて

http://www.vanilla-air.com/jp/news/1496

バニラエアの場合は基本的に、「特定の就航地に対してセールを行う」という傾向があります。たとえば「成田⇔奄美大島」限定セールだったり、「成田⇔札幌」限定セールだったり、そんな感じです。

で、肝心のセールについてなのですが、最近、バニラエアのセールはめちゃくちゃ人気があります。というのも、

  • 「土日を含めてセール対象とする」確率が多い
  • チケットセールイベント開始が18:00〜のことが多い

ため、セールチケット申し込みアクセスが殺到しやすい条件が揃っているのです!

つい先日も「成田⇔札幌」が1780円という意味不明な安さのセールを行っていまして、開始1時間後くらいにのぞいてみたら、ほとんど埋まっていました…

チケットセールの内容でいえば、バニラエアはかなりオススメだと個人的に言えます!また、他のLCCにはないような「割引の往復回数券」など、ユニークなチケットを販売することも多く、プロモーションが色々とうまいなぁというのが個人的な印象です。

LCCその4・春秋航空

以前のブログ「台風直撃に備え、広島から東京に無事に帰れる方法を考えてみた」でも御紹介しましたので、詳細はそちらを見ていただくとよりわかるかと思いますが、春秋航空は元々中国系の会社で、ここ数年で日本に参入してきたLCC航空会社です。

春秋航空の就航地について

http://j.springairlines.com/jp

日本国内の話に限りますが、春秋航空の特徴は就航地です。就航地は「成田⇔広島」「成田⇔佐賀」と、他のLCC航空会社が全く就航していない地ばかりに就航しています。(高松は2015年10月で撤退)

そして2016年に入って、成田から新千歳空港と関西国際空港の間にそれぞれ新しく就航しました!
激戦区に参戦とは・・・自信があってのことなのでしょうか。

春秋航空のセールについて

肝心のセール内容についてですが、毎月7日に737円セールという、これまた破格のセールを行っています!この記事を一番最初に投稿した10月7日もセールの日だったのでちょっとのぞいてみたのですが、春秋航空のセールも

  • 「737円が適用される価格が土日も含まれることが多い」こと
  • ここ最近春秋航空自体が有名になってきたこと

もあり、最近のチケットセールは非常に人気があるようです。ただ、100%の便で737円のセール価格が適用されるわけでもないようなので、見定めには注意が必要です。

格安国内旅行・格安中国旅行は日本春秋旅行へ

「中国系の会社だから大丈夫なの!?」なんていう話をたまに受けることも多い春秋航空。僕も広島に2回いったときにいずれも春秋航空を使いましたが、極めて良好。むしろ、色々ちゃんとしているなぁという好印象すら持ちました!佐賀はまだ行ったことがないので、次のセールにでも狙ってみようかなと思います!

まとめ

この他にもスカイマークエアラインやソラシドエアなど、御紹介したいLCC航空会社はたくさんあるのですが、LCCとはまたちょっと違うので、別の機会に…

特に東京の皆様、東京駅⇔成田空港は900円で行けるバスが出ており、そこまで時間も掛からないので、意外と成田空港も近いものですよ!セールで格安航空券をゲットして、休日にちょっとした遠出をしてみるのはいかがでしょうか!?

格安移動・LCC関連記事

格安移動やLCC関連の情報が気になる方は、ぜひこちらもご覧ください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする