タクシーにiPhoneを置き忘れた時の対処法! 領収書の車番が全てを救う

タクシーの領収書
タクシー初乗り料金410円に!賢く使って時間節約した実例を紹介
今年の頭くらいから、東京23区内などで、タクシーの初乗り料金改定がありました。 ご存知の方も多いのではないかと思います。 こ...

先日、東京23区内のタクシー初乗り料金が410円になったというブログを書きました。
ブログの追加ネタになるかなと思い、以降も時々初乗り範囲ギリギリでタクシー乗車を試してみていたのですが、そんなことをしていたら今日タクシーの中にiPhoneを置き忘れるという失態を犯してしまいました・・。

iPhoneだけではなく他にも大事なものが一緒にくっついていたため、とにかく焦った僕。
色々対処した結果、2時間ほどで無事に自分のiPhoneを取り戻すことができたので、その時にとった対処法について紹介したいと思います!

紛失モードにする前に、あきらめないで、これから紹介する内容をチェックしてください!

タクシーの領収書は必ずもらうこと。車番が置き忘れたスマホを救う

フリーランスの方も、(タクシー代が会社経費になるなら)会社勤めの方も、タクシーを利用した時は必ず領収書をもらうようにしましょう。
なぜなら、タクシーの中にiPhoneなどのスマホを置き忘れた時、タクシーの領収書に書かれた車番があなたを救ってくれるからです。

タクシーの領収書

タクシーの領収書には必ず「車番」と「自分が乗ったタクシーが所属する会社の連絡先電話番号」が書かれています。
つまり、タクシーの中にiPhoneを忘れたということに気付いた時に、領収書に書いてある電話番号に連絡し、「先ほど車番●●のタクシーを利用したんですが、車内にiPhone・スマホを忘れたので、連絡とってもらえないですか??」とお願いしてみるのです。

運転手さんに連絡がつき次第、タクシーの会社あるいは運転手さんから折り返しの連絡をもらうようにするなら、自分の連絡先を別途確保する必要がありますが、今ご紹介した段取りでいけば、ひとまずタクシーの車内に置き忘れたiPhone・スマホを無事に確保してもらうというところまでは、速やかに実行することができるのです!

iCloudなどで自分のiPhoneの位置情報を追うのも悪くはないけれども

iPhoneを例にすると、iPhoneの有名なアプリとして「iPhoneを探す」というものがあります。
自分のiPhoneがどこにあるかわからない・もしかしたら紛失してしまった可能性があるという時に、自分のiPhoneの位置情報を確認したり、iPhoneのサウンドを遠隔で再生したりすることができる機能が付いています。

僕もiPhoneをタクシーに置き忘れたと気付いた時に真っ先に思いついたのが「iPhoneを探す」機能のことで、PCで確認したところ、僕のiPhoneを乗せたタクシーが都内の道路をウロウロしているのを確認することができました。

最初は僕のiPhoneが乗ったタクシーを人力でひたすら追っかけていくか、あるいはタクシーの営業終了まで待ってみようとか色々考えたのですが、今思うとどちらも有効な方法ではないですね。。。

焦るとろくなことにならないとは、まさにこの時の心理状態のことです・・・

まとめ

ということで、なんとも間抜けな経験をしたことから学んだタクシーの領収書の重要性を書いてみました!
経費証明になるだけでなく、こんなところでも役にたつ領収書、バカにできないなぁと改めて思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク