タクシー初乗り料金410円に!賢く使って時間節約した実例を紹介

雨の中を走るタクシー

今年の頭くらいから、東京23区内などで、タクシーの初乗り料金改定がありました。
ご存知の方も多いのではないかと思います。

ここ最近、僕も短い距離をタクシーで移動するような機会があり、その時に初乗り料金が下がったことを思い出したのですが、実際短い距離を走ってみると、なんとも言えないお得感でした!

タクシー初乗り料金値下げについて、検証してみたいと思います!

タクシー初乗り料金の範囲でどこまで移動できるのか?

タクシー初乗り料金、今回の改定で730円から410円になりました。
では、実際初乗りの410円の料金だけでどこからどこまで移動できるものなのでしょうか。

国土交通省の資料によれば、初乗り距離は、これまでが2kmだったものが、1.052kmに引き下げられたとありました。
1.052kmってどこからどこまで移動できるものなのでしょうか・・・

例1:東急百貨店本店→千代田線代々木公園駅

このルートは先日僕が実際にタクシーを使ったルートです。

東急百貨店本店から電車で代々木公園駅まで行こうとすると、渋谷→明治神宮前→代々木公園駅と行ったルートになるのですが、駅数が2つであるにもかかわらず一旦東にふってから代々木公園駅に向かうかたちとなります。

それよりは、タクシーでまっすぐ道を突っ切ってしまった方が、時間もかなり短縮できるので、タクシー初乗り料金を利用するにはコスパの高いルートなのではないでしょうか!

ちなみに、代々木公園駅前ぴったりまでタクシーを使うと若干初乗り距離をオーバーしてしまうので、手前の井の頭通りとぶつかるところで降りてしまえば、初乗り距離の範疇で済みそうです。

例2:渋谷区東4丁目→恵比寿駅

このルートも実際に僕がタクシーを使ったルートです。笑

渋谷区東4丁目周辺ってなんでそんなピンポイントな場所から移動したのかという話を一応しておきます。笑

表参道から恵比寿駅に移動しようとした時に、バスを使ってショートカットできないかなと考えて、表参道駅からバスで移動した時に、一番恵比寿よりの場所に移動できたのが、渋谷区東4丁目付近だったのです!

渋谷区のコミュニティバスが通っていたので100円で移動できたのですが、渋谷区東4丁目から恵比寿駅まで移動したいと思った時に、少し歩かないとバス乗り継ぎができませんでした。

その時はとても急いでいたので、タクシーを使ってみたところ、ほぼ初乗り料金でいけたという感じです!
ちなみに、降りる場所さえうまく調整すれば初乗り距離でいけますが、恵比寿駅の目の前まで行くと、少し初乗り距離を超過するので注意が必要です。

例3:駒沢大学駅→駒沢公園

これは実際には僕も使用していないルートですが、使用しそうになりました。笑

駒沢公園へ電車で行くには駒沢大学駅で降りて歩いて向かうのが一番近いのですが、タクシーを使ってみると、1km以内なので、余裕で初乗り距離で到達可能です。

ただ、時間に余裕がある場合は、渋谷駅から駒沢公園付近を通るバスがいくつも出ているので、もしかするとバス利用の方が効率がよいかもしれません。

とても急いでいて、電車を使うと遠回りになりそうな時に有効なタクシー初乗り利用

以上の3例以外にも色々と想定できると思いますが、とても急いでいて、電車を使うと遠回りになりそうな時に、タクシー初乗り利用は有効になると言えるのではないでしょうか!

それこそ渋谷区東4丁目など、あまり電車で馴染みのない場所では有効とも言える初乗りタクシー、これからもうまく使っていきたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする