那覇空港で国内線LCCへの乗り継ぎを経験! 遅延・失敗と紙一重の展開に冷や汗!

LCC乗り継ぎ、というものをご存知でしょうか??
文字通り、LCC航空会社を乗り継いで、目的地に移動するという方法です。

https://www.ana.co.jp/book-plan/fare/domestic/transit/

JALやANAだと、乗り継ぎ割というものが存在するように、飛行機乗り継ぎをして目的地に移動することはよくある話。
僕も新婚旅行中、福岡空港から石垣空港へ移動した時は、那覇空港経由でANAの乗り継ぎを使用しました。

東京への帰り道は、ANAであれば石垣空港から羽田空港まで直通便が出ているので、それを利用すれば良い話だったのですが、僕ら夫婦は何を思ったのか、LCCでどれだけ安くなるかを試してみたいという安易な理由から、石垣空港→那覇空港→成田空港というルートで、那覇成田間はLCCを使って飛行機を乗り継いで帰ることに。

余裕をもった便同士で乗り継げばよかったのですが、僕が間違えてギリギリの便の利用を石垣・那覇間、那覇・成田間でそれぞれ選択してしまったことにより、那覇空港でハラハラドキドキの展開を経験することになりました・・・!

特に首都圏でLCCによく乗られる方で、石垣島をはじめとする沖縄の離島へ移動する方は、一度は気にしたことがある方もいらっしゃるかもしれないLCC乗り継ぎあるいはLCCへの乗り継ぎ。実際に体験したレポートをしてみたいと思います!

LCC乗り継ぎを体験した便の紹介

先ほども書きましたが、今回僕らがLCC乗り継ぎを経験したのは那覇空港でのことでした。
実際に乗り継ぎをした便を紹介します。

まずは石垣空港から那覇空港までの便。これは「ソラシドエア」の便を利用しました。

https://www.solaseedair.jp/timetable/oki-isg/

2017年4月現在、12:55石垣空港発・13:55那覇空港着の便を利用しました。

このソラシドエア、LCCという定義の航空会社には当てはまらないそうなんですが、初めて利用してみたところ、航空券の安さにびっくりしました!
早めに航空券チケットをとっておくと、たとえば今回の石垣空港那覇空港間の便であれば7,000円ほどで済みます。

ちなみにソラシドエア、ANA系列なんですが、実際に利用してみるとANAと大差ないような印象を受けました。
また利用してみたいな・・・

そして那覇空港から成田空港まではジェットスターを利用しました。

http://tour.jetstar.com/kokunai/okinawa/naha/

利用したのは、2017年4月現在で15:00那覇空港発・17:35成田空港着のジェットスターの便。
ソラシドエアの便で那覇空港に到着してから、ジェットスターで那覇空港を出発するまで、約1時間しかないということです。

これ、実は結構タイトな乗り継ぎなんです・・・

LCCへの乗り継ぎで注意しなければならない点

ANA同士の便の乗り継ぎであればスムーズに行く事も、LCCヘの乗り継ぎになると結構面倒な点、実はたくさんあります。
今回の経験で、LCCへの乗り継ぎ(あるいはLCC同士の乗り継ぎ)に関して気づいた注意点をまとめてみます。

1、乗り継ぐLCCの便で改めてチェックインをし直さなければならない

例えばANA同士の便で単純に乗り継ぐ場合は、大元の出発地点の空港で、乗り継ぎ便までまとめてチェックインをする形になります。
今回僕らが福岡空港から石垣空港まで向かう際も、福岡・那覇の便と、那覇・石垣の便は、まとめて福岡空港でチェックインを済ませることができました。

ただ、LCCを交えて飛行機の乗り継ぎをする場合、出発地点の空港でのチェックインだけでなく、乗り継ぎ地点の空港で乗り継ぎ便のチェックインも別途行わなければなりません。

2、片方の航空会社で遅延があった時に、別の航空会社は特に配慮してくれない

当たり前んといえば当たり前なんですが、例えば今回の僕の例でいうと、石垣空港から那覇空港までのソラシドエアの便が遅延したとして、那覇空港から成田空港までのジェットスターの飛行機便がその遅延を考慮してくれるわけではありません。

今回の僕の場合、ソラシドエアで那覇空港に到着してから、ジェットスターで那覇空港を出発するまでの時間が1時間しかなかったのですが、実際ソラシドエアの飛行機便が10分遅延してしまったのです。。。これは本当に焦りました。

ANA同士であればする必要のない心配をしなければならなかったのは、精神的に大きな負担でした。

那覇空港で乗り継ぎ成功! 幸運に恵まれたポイントは?

ちなみに今回の僕の乗り継ぎ、最終的には成功しました。

石垣空港から那覇空港までのソラシドエアの飛行機便が遅れただけでなく、那覇空港から成田空港までのジェットスター便まで遅れたこともあり、難局を逃れることができたのです。

また、ジェットスターを使った、というのも今回重要なポイントとなりました。

http://travel-west.net/travelinfo/okinawa-nahaairport-jetstar/

那覇空港のLCCターミナルは、通常の国内線のターミナルから離れた場所にあるのですが、なぜかジェットスターに関してはANAやJALと同じターミナルに居を構えています。
そのため、本来大掛かりなターミナル間の移動をしなければならないところ、その必要がなく、短い時間でソラシドエア→ジェットスターに移動することができました。

ちなみに今回のケースであれば、そのままターミナル内を移動することができるため、再度保安検査を受ける必要もなかったので、飛行機の遅延がなかったとしてもギリギリ間に合っていたのではないかと思います。
(一応ジェットスターの窓口の方にも確認して問題ないという見解はいただきました)

ということで、冷や汗ものだった那覇空港での乗り継ぎでした・・・
もうこんなことはしたくないですね・・・