マイナンバー通知カード紛失時は住民票再発行で即日番号確認可能!カード再発行方法と注意点も紹介

マイナンバーカードを無くした男性

確定申告の季節がやってまいりましたが、今回から色々とマイナンバーを提出してほしいという事案がたくさんあります。
特に個人事業主の方などは、各方面にマイナンバーの提出をされているのではないかと思います。

こんな時あるあるな話が「マイナンバー通知カードを無くしてしまった」という事態に陥ってしまうこと。
そんな時に確認しておきたい、マイナンバー通知カードを紛失した時の対処方法をご紹介します!

マイナンバーだけであれば住民票再発行すれば即日確認ができる

いきなり結論から書いてしまいましたが、マイナンバー通知カードを無くしてしまった場合、住民票を再発行するとマイナンバーが付帯されています。
つまり、住民票再発行をすれば、マイナンバー通知カードを万が一紛失してしまったとしても、マイナンバーを即日確認することが可能になります!

もちろん、役所などの営業時間に準じる形になりますので、日曜などの場合は即日発行をすることが難しい地域も多いでしょう。

数百円の手数料はかかりますが。マイナンバーをすぐ知りたい時には、数百円の手数料も痛くも痒くもないですよね!
困った時の、ありがたいシステムです。

マイナンバー通知カード紛失確定した場合は再発行も忘れずに

とはいえ、マイナンバー通知カードを紛失したことが確定してしまった場合そのままにするわけにもいきませんよね!

例えば東京都渋谷区を例にしますと、マイナンバーカードを再発行したい時は、所定の書類に必要事項を記入の上、役所にて手続きを行う必要があります。
だいたいこの類の手続きは本人確認書類が必要になりますよね。

パスポートや免許証など写真付きの身分証があれば、本人確認書類は1つで十分なのですが、健康保険証など、写真付きでない身分証明書で本人確認を行う場合は本人確認書類が2つ必要になるので、注意が必要です。

また、自宅以外で紛失した場合は、警察への紛失物届けが必要になるとのことです。
届けた後に警察から発行された遺失物届受理番号を受け取ってから役所での手続きが必要になるので、こちらも注意ですね!

マイナンバー通知カードには2種類存在する?

マイナンバーを知らせる男性

ちなみにマイナンバー通知カードには2種類存在します。

大きく分けると、単純に番号が通知されたマイナンバー通知カード、そして顔写真などもついていて、身分証明書としても扱うことが可能なマイナンバーカードの2種類となります。

身分証明書としても使える顔写真付きのマイナンバーカードを紛失してしまったという日には大変・・・
マイナンバーカードは国民個々に割り振られたものなので、悪用されたら大変です。

紛失時には、速やかな再発行処理を行う必要があるわけですね・・・

まとめ

ということで、今回はマイナンバーカード紛失時の諸々についてお送りいたしました!

まだまだ扱いが慣れないマイナンバーカード、取り扱いには十分に気をつけて管理をしていきたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする