BASEのHTML編集appでデザインカスタマイズしたネットショップ制作検討時の注意点まとめ

ECサイトを普通に制作する時とBASEで制作する時のテンプレートファイルの数の比較

最近、無料でECサイト・ネットショップを作成できるサービス、BASE(ベイス)を触る機会がありました。

元々BASE(ベイス)で作成したECサイト・ネットショップは、特定のテンプレートからデザインを選択する形となっていました。

いつの頃からか、デザインテンプレートを作成して販売する「デザインマーケット」という仕組みが始まり、月額900円はかかりますがHTML編集appという機能をつけることで、既存のテンプレートや購入したテンプレートに限らず、HTMLを自由に編集することでデザインカスタマイズをして、オリジナルテンプレートが作成できるようになりました。

BASE(ベイス)で作ったECサイト・ネットショップは、決済機能を始めとした、ECサイトを制作するのになくてはならないけれども1から組み込もうとすると難しい機能を簡単に導入できます。

ですので、HTMLを編集して自由にデザインをカスタマイズできるのであれば、BASE(ベイス)利用を検討したいと思っている方も少なくないと思います。

今回、BASE(ベイス)でのHTML編集appについて触れてみる機会があったので、BASE(ベイス)の利用・そしてBASE(ベイス)のHTML編集appの利用を検討している方への参考になればと思います!

注意点1・BASE独自のタグ(?)があるが、関連情報が少ない

BASE(ベイス)には、BASEで定められている独自のタグ(関数)、テンプレート変数と呼ばれるものがいくつか定められています。
このテンプレート変数というものを使って、HTML編集を行う必要のある箇所もあります。

WordPressなどを触っている方であれば「get_style_sheet_uri()」と入力すると、style.cssのあるファイルディレクトリを出力できるなどのWordPress独自関数はおなじみかと思いますが、そういったWordPressの独自関数と同じようなものがBASE(ベイス)にもあります。

BASE(ベイス)のテンプレート変数については、実は出回っている情報が少ないため、慣れていない方がHTML編集appを使ってデザインカスタマイズのためにテンプレートを編集しようとすると、行き詰まる可能性もあります・・・

一応自分が軽く調べてみたところ、BASE TemplateドキュメントというものがGitHub上にありましたが、まだまだ情報は少ないのが事実。

これは、テンプレートのデザインカスタマイズのためにBASE(ベイス)のHTML編集appを使用する上では、ちょっとしたデメリットになると言えます・・・

注意点2・BASE(ベイス)のHTML編集appは、CSSもJavaScriptもファイルを分けずに1ページにまとめて記述する仕組みになっている

BASE HTML編集app
BASE(ベイス)では、HTML編集appの機能を追加すると、デザインテンプレートのCSSやJavaScriptも自由に編集設定可能とうたっています。

実際にBASE(ベイス)のHTML編集appを使用するとわかるのですが、CSSやJavaScriptも編集できるという歌い文句ではあるのですが、編集画面を見るとHTMLの画面しかありません!

つまり、CSSもJavaScriptもまとめてHTMLに記載する形式なのです。

そもそもBASE(ベイス)で作るECサイト・ネットショップは、大規模なECサイト作成を想定したり、そういったECサイトを作成する方をターゲットにしているわけではないので、HTMLにCSSやJavaScriptをまとめて1つのHTMLに書いても管理の面でそんなに支障はないのかもしれません。

しかし、どうしてもHTMLにCSSやJavaScriptを全てまとめて記載すると、面長のコードになってしまったり、見づらくなってしまったりする可能性もあると思うので、使い勝手が良いかというと、決して良いとは言い切れないのではないでしょうか。

注意点3:BASE(ベイス)のHTML編集appは1つのHTMLで全ページの表示を制御する仕組み

BASE(ベイス)で作成するECサイト・ネットショップも、当然複数ページを用意するケースがほとんどです。

しかしながら、BASE(ベイス)のHTML編集appを使用する場合は、複数ページのレイアウトや表示を、1つのHTMLファイルで制御する形になるのです。

ECサイトを普通に制作する時とBASEで制作する時のテンプレートファイルの数の比較

イメージ図をまとめてみました。

普通に制作する場合は、ページのデザインの種類に応じてテンプレートファイルの数を用意するのが通常ですが、BASE(ベイス)のHTML編集appでECサイト・ネットショップを制作する場合は、ページのデザインの種類が複数であっても、1つのファイルに全ての内容を記述し、プログラムで条件分岐をさせて各ページの内容を表示させなければなりません。

WordPressをやられている方であればまだわかるかもしれませんが、要するに「今トップページだったらここからここまでのコードの内容を表示する」「お問い合わせページだったらここのボタンは表示する。それ以外のページでは表示しない」といったように、1つのHTMLファイルの中で複数ページの表示について記述する形になります。

PHPなどに慣れていない方には、ややこしい仕組みかもしれません。

まとめ

ということで、せっかく触る機会があったので、BASE(ベイス)のHTML編集appの注意点について書いてみました!

BASE(ベイス)のHTML編集appを利用してデザインカスタマイズをしたECサイト・ネットショップの制作を検討している方へ、今回の記事が少しでも参考になれば幸いです!

BASEでネットショップ制作Tipsシリーズ

無料でECサイト・ネットショップを制作することができるWebサービス「BASE」を使った制作におけるTips集です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする