MacでRuby on Railsの開発環境構築手順を分かりやすく説明

Rubyロゴ
cloud9でRuby on Railsの開発環境を設定する
ここ最近のブログの流れから、いきなりRuby on Railsの話になりすみません。笑 Ruby on Railsに限った話ではないで...

以前、Cloud9というサービスを使ってRuby on Railsの開発環境構築手順をご紹介したブログを書きました。
Cloud9は、開発環境を手軽に設定できるという意味では優れものなため、新しい言語の学習コストが下がるのがメリットです。

でも、Cloud9はインターネットに接続していることが前提のため、たとえばインターネットに繋がらない環境では開発を行うことができません。
開発者の方であれば、インターネットに繋がらない環境で作業をすることはあまりないかと思いますが・・・たとえば新幹線での移動中にサクッと開発したい時などは、やっぱりPC内のローカル環境で開発できたら、インターネット環境に依存することもないので、良いですよね!

ということで、今回はMacでRuby on Railsの開発環境構築をするための手順を分かりやすくまとめてみました!
お役に立てれば幸いです!

Homebrewをインストールする

Homebrewは、Macでデフォルトでは入っていないようなツールやソフトのインストール&削除を簡単に行うことができるパッケージ管理ソフトと言われるものです。

Homebrewをインストールするためには、Command Line Tools for Xcodeというものをインストールする必要があるので、まずはCommand Line Tools for Xcodeのインストールあたりから手順を見ていきたいと思います!

Xcodeの画面

Xcodeのバージョンを確認する画面

ちなみに、現在Xcodeがインストールされている場合は、Xcodeを開いてメニューバーのXcode→About Xcodeから現在のXcodeのバージョンを確認することができます。

Xcodeをインストール or 新しいバージョンに更新する

僕は今回のブログを書くにあたり、ここのところ使っていなかったMacBook Pro(旧型)のOSをSierraにアップデートして、Railsを入れ直してみるということを実施しました。

手始めにCommand Line Tools for Xcodeをインストールしようとしたところ、新しいバージョンのXcodeが必要という表示が出ました。

ということで、僕のケースのように、MacのOSバージョンやXcodeのバージョンによっては、Xcode自体を新しいバージョンにする必要があります。
すでにXcodeがインストールされている場合は、必要に応じて新しいバージョンにアップデートし、Xcodeがインストールされていない場合は、新規インストールをしましょう!

いずれにしても、新しいバージョンのXcodeをインストールする必要があるので、まずはその手順を見ていきます。

xcodeをApp Storeからインストール

といってもXcodeのインストールは非常に簡単で、App StoreからXcodeアプリを選択し、インストールすればOKです!
すでにインストールされているXcodeがあり、バージョンが古い場合は、既存のXcodeアプリを削除して、新しいバージョンのものをインストールすればOKです!

Command Line Tools for Xcodeをインストール

新しいバージョンのXcodeをインストールできたら、次にCommand Line Tools for Xcodeをインストールします。
Command Line Tools for Xcodeは、Appleのデベロッパーページにログインし、必要なバージョンのCommand Line Tools for Xcodeをインストールします。

Command Line Tools for Xcodeをインストールする時の画面

Command Line Tools for Xcodeのインストール

今回の事例では、Command Line Tools(macOS 10.12) for Xcode 8.2をインストールすることにしています。

Command Line Tools for Xcodeインストールパッケージ

Command Line Tools for Xcodeのインストールパッケージをダウンロードしたら、インストーラーが表示されますので、ダブルクリックします。

Command Line Tools for Xcodeのインストール画面

インストール画面が表示されるので、ここは基本的に画面の指示通りに進んでいけばOKです。

Command Line Tools for Xcodeのインストール画面

インストール完了!
Command Line Tools for Xcodeを無事にインストールすることができました!

Home brewをインストール

ようやくHome brewをインストールする段階になりました。
Macのターミナル(通称:黒い画面)を起動します。

Home brewの公式Webサイトに飛ぶと、いきなり「このコマンドをターミナルに貼り付けて実行してください」という指示のもと、指定のコマンドがありますので、そのままターミナルに貼り付けて実行します。

一応、2017年2月時点で公式サイトに書かれている指定コマンドを、この記事にも貼り付けておきます。

/usr/bin/ruby -e “$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)”
Home brewの公式Webサイトよりコマンドを引用

homebrewインストール画面の途中

途中、パスワードを聞かれる画面になるので、macそのものにログインするためのパスワードを入力します。
正しいパスワードを入力すれば、いろいろインストールしているような感じでターミナルの画面が動いていき、最終的にHome brewのインストールが完了します!

もしちゃんとHomebrewがインストールできているか不安な場合は、「brew -v」というコマンドを入力します。

homebrewのバージョン確認

きちんとHome brewのバージョンを示す数字が出てくれば、Homebrewが間違いなくインストールされていることになります!
ちなみに今回の例でいうと、Homebrewの1.1.0バージョンがインストールされているという意味になります。

Rubyのインストール

次にRuby on Railsを構成している言語であるRubyのインストールをします。

MacにはRubyがデフォルトで入っているのですが、時間が進めば新しいバージョンも開発されていくもの。
デフォルトのRubyが古くなってしまった・・・なんてことがないように最新のバージョンのRubyをインストールしていきます!

ここで出てくるのがrbenv。rbenvは、Rubyのバージョン管理をしてくれるツールで、Ruby on Railsの開発元である37signalsが提供しているんだそうです。
rbenvを使うと、Rubyの過去バージョンやら最新バージョンやらへの切り替えを簡単に行うことができるので、まずはrbenvをインストールします!

ruby-buildのインストール

まずは、ruby-buildのインストールから始めます。ruby-buildは、rubyをインストールするために使用されることの多いrbenvのプラグインにあたります。

brew install ruby-­build

ターミナルで上記コマンドを実行することで、ruby-buildをインストールすることが可能です。
いろいろなプログラムが実行し終わるまでは、ターミナルはNo touchで・・・・

rbenvのインストール

次に、rbenv自体のインストールをします。

brew install rbenv

ターミナルで上記コマンドを実行することで、rbenvをインストールすることが可能です。
やはり、いろいろなプログラムが実行し終わるまでは、ターミナルはNo touchで・・・・

bash_profile

次に、PCログイン時にrbenvの初期化を行う設定をするためにbash_profileファイルをいじります。
bash_profileファイルは、ユーザーのトップディレクトリにあるので、「cd」のみをコマンドで実行すると、ユーザーのトップディレクトリに移動することができるんです!

ここからbash_profile方法をいじる方法はいろいろあるようですが、今回はひとまず

vi ~/.bash_profile

というコマンドを実行します!
こうするとターミナルがviというエディタに変わるので、まずはaを入力してEnterを押します。

eval “$(rbenv init -)”

続いて上記のコマンドをコピペ。
コピペしたらescapeキーを押して、「:wq」を入力し、Enterキーを実行します!

source ~/.zshrc

そして最後に上記のコマンドを実行します!

Rubyのインストール

ようやくRuby本体のインストールです!

rbenv install -l

上記コマンドを押すと、現在インストールできるRubyのバージョン一覧(それ以外もいろいろと表示されますが)がターミナル上に表示されます!

rubyバージョン一覧

僕が試した時には2.4.0が最新のバージョンでした!
この数字、覚えておいてくださいね!

それでは、Ruby本体をインストールしていきます!
先ほど最新安定版のRubyが2.4.0であることを確認したので

rbenv install 2.4.0

このようにRubyのインストールを試みます!
今回はRubyのバージョン2.4.0をしてみます。

Railsのインストール

そして、本丸であるRailsをインストールします。
Rails自体は、

gem install rails

というコマンドで実行することができます。
gemは、Ruby言語でできたライブラリのことだと思ってください! Railsもgemの

次に、railsを動かすのに必要なgemを、gem同士がバージョンの互換性を保った状態で使えるようにまとめてインストールして利用できるようにするために、以下のコマンドを入力します!

gem install bundler

そしてRubyやgemをインストール・更新した時は、下記コマンドを必ず実行するようになります!

rbenv rehash

最後にrails -vとコマンドを入力し、きちんとインストールされているRailsのバージョンが表示されていれば、完了です!

Railsのバージョン確認

Railsのインストールがうまくいかない時に確認したいこと

ここの章は随時更新していきたいと思っているのですが、僕がよく引っかかっていた例をご紹介します。お恥ずかしいですが・・・

たとえば、今回の場合バージョン2.4.0のRubyをインストールしたはずなのに、なぜがruby -vコマンドでRubyのバージョンを確認すると、バージョン2.0.0など古いバージョンのRubyを読んでいるという時がありました。
このせいで、いろいろ支障があったり、「Ruby2.4以上をインストールして使いなさい」とか怒られたり・・・

そんな時は、まずwhich rubyを実行します。

rubyのバージョン切り替えがうまくいかない時の例

which rubyコマンドはMacの中のどこにあるRubyを読み込んで実行しようとしているのかを確認するコマンドなのですが、上記の場合Macにデフォルトで入っているRubyを読み込んでいる、という意味になります。

いろいろと探していると、答えとなる情報を発見。

rbenv内で実行されているRubyを読み込み実行するようにすることができのたで、ぜひrbnevによるRubyのバージョン切り替えがうまくいかない方はご覧になってみてくださいね!

まとめ

長くなりましたが、MacにRuby on Railsの環境をインストールする方法について書いてみました!
適宜、この記事はブラッシュアップしていきたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク