埼玉の観光を考える・埼玉がここではないどこかであるために

埼玉を代表する観光スポット・川越

僕は埼玉県出身なんですが、埼玉の観光どころは何かと聞かれると、一瞬どうしても口をつぐんでしまい、何を言うべきか迷ってしまうところがあります。

近年は川越が小江戸として観光地アピールを頑張ってしていますが、それ以外、正直パッと思いつくところがありません。
別に埼玉を批判をしていたり、ディスっているつもりはないのですが、どうしてもこれといったものが思い浮かばないのです。

埼玉の観光地としてなぜピンとくるものがないのか? ちょっと考えてみました。

埼玉は観光地への「通り道」となってしまう

通り道
埼玉を囲む都道府県を考えてみます。東京、千葉、茨城、栃木、群馬、長野、山梨と、7つの都県に埼玉は囲まれています。
この立地的条件と、埼玉を囲む7つの都県が持つ観光地的魅力が相まって、埼玉はただの通り道にしかなっていないというのが1つ考察として浮かび上がりました。

群馬・栃木県民の方がディズニーランドに行くなら、埼玉を経由して千葉へ向かいます。
東京都の住民がスキーをしに北の山へ向かうなら、埼玉はただの通り道にしかなりません。
埼玉には海がありませんので、埼玉近隣の県住民が海へ行くのに埼玉は通り道にしかなりません。

そう、埼玉は、ここではないどこかへの通り道でしかないのです。。。。

県内で唯一新幹線が停車する大宮駅も、北陸新幹線・上越新幹線・東北新幹線への分岐点でしかない。
まさに、通り道としての埼玉がそこにはあるのです。

住むのに適した施設や事情はたくさんあるけれども

きれいな彼岸花
埼玉県、住むのに適した施設や住宅事情は沢山あります。

たとえば、越谷市にあるイオンモールレイクタウンや、入間のアウトレットなどのように、郊外大型施設はたくさんあるのですが、当然そういった大型施設は埼玉県民にとっても使える場所なんです。

ただ、買い物をするということはあっても、そこで遊ぶというまではいかないので、観光とはちょっと違いますよね。

東京に比べれば家賃相場も安い、交通の便も悪くはない、そう考えると、住むのにはちょうどいいなぁという心理にはいたります。
ただ、その心理が向いている先は「東京」だったりするのです。

僕は思いました。埼玉県民は、思った以上に埼玉のことを知らないのではないか。
埼玉がここではないどこかの、そのどこかであるにはどうしたらいいのかと。

埼玉の観光・魅力を伝えるメディアを作りたい

だから僕は、埼玉の観光・魅力を伝えるメディアを作りたいと考えています。
Retripなどに代表されるまとめサイトで埼玉を取り上げる記事は多々あれど、どれも似たり寄ったりな内容が正直なところ・・・

http://www.sainokuni-kanko.jp/

埼玉観光の公式サイトだって、一応存在しているのです。
でも、埼玉出身の僕だって、この記事を書こうとして初めて知ったくらい・・・

まずは埼玉県民や埼玉出身の方が、埼玉そのものを知るための、真の埼玉メディアの存在が必要なのではないかと考えました。

2017年、埼玉メディア、やります。
通り道でも、ちょっと寄ってみたくなる埼玉へ。